スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:-- |スポンサー広告

今年のライブ終了

ホワイトクリスマスとなった12月23日。
蓬莱吉日庵での今年最後のライブは満席のお客様の盛り上がり。そして窓の外の和風
庭園に雪が舞い散る様が何ともきれいだった。
ジャズってロマンチックな空間・時間にもマッチする音楽だなあってしみじみ思った。

第一部は今年出会った若手ミュージシャンの角(ベース)と松尾KEG(ドラム)の生
きの良いリズムと思いっきりのいいフレーズは何とも若々しくてGOOD!!そして若い
にもかかわらず時折見せる老練さがニクイ。
彼らのオヤジのような年齢の角さんのピアノから繰り出すバップのリズムとフレーズ
が若い二人とのフレッシュでダイナミックなサウンドを産み出し、お客さんをグイグ
イ乗っけていく。前半ですでに会場内は大盛り上がりになった。

第二部はもう山陰を代表する女性ボーカリストとなった伊藤実千代の登場。
一気に彼女の世界にお客さんを引きずりこむ・・・さすがだ。

オーディエンス化した私はサックス吹くの忘れて、酒がグイグイ入ってしまう。この
ままお客さんと同化して楽しんでしまいたいくらいだ・・・と思いきや伊藤実千代が
遂に私を紹介してくれた。しか~~~し、今日の曲目は何にも考えていない。
会場の盛り上がりや勢いに乗っかっていこうと「ブルーボッサ」をちょいと早めなテ
ンポで演奏する。演奏スペースは客席の中だ。前横に陣取るお客さんたちと一緒にリ
ズムに乗って吹きまくった。ピアノ、ベースの後ドラムとの4バースを経て、ドラム
ソロへ。ここでも28歳のドラマー松尾KEGは素晴しい演奏を聞かせてくれる。テーマ
を演奏しエンディング~~会場からは大拍手が起る・・・なんと楽しい瞬間だろう。
もう一曲バラードを演奏したら、もう時間は予定を30分オーバーしてる。

とうとう2時間40分というライブハウス並みの演奏時間となった。近所からの苦情は
なかったのか?
こうして今年最後のライブは大盛り上がりで終了した。
来年も松江市内のいろいろなお店を会場に、そしていろいろな年代層のお客様に参加
していただいて、大いに楽しみ、大いに酒を酌み交わしたい。
スポンサーサイト
2011/12/26 (Mon) 12:27 |ライブ報告 |トラックバック(0) |コメント(0)

プロフィール


松江でジャズを楽しみませんか? 今年は、大田でも開催します。

松江では、9/17~10/14まで全10回、大田では、10/18~11/17まで全5回、各所で演奏します。

スケジュールは、こちらをクリック。

リンク

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。