スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:-- |スポンサー広告

極上の空間

3月19日。
松江ニューアーバンホテル9階のラウンジ「キャンドル」での足塚&白築ライブに行っ
てきた。
ライブの話は後回しにして、まずは「キャンドル」の話。何度訪れてもいい空間だ。
ダントツは何と言っても全面がラス張りから見える夜景の素晴しさ。
横浜や神戸、東京の大都会ならいざ知らず、ここ山陰は城下町・松江にあって、この
夜景は極上と言えるだろう。
この夜景をバックにステージがある。おいしい食事をしながらグラスを傾け、大人ど
うしの談笑を楽しむ。そしてそこにジャズの生音が耳に飛び込んで来る。
いやあ~~贅沢だ。まるで都会のビルの高層階にあるジャズクラブかレストランのよ
うだ。まさしく大人だけが楽しめる時間と空間がここにある。

さて演奏のこと。ボーカルの白築純さんのことは以前から知っていたが、ライブを聞
くのは今夜が初めて。キュートな身体を包み込む黒のドレス。そしてライトに煌めく
輝くスパンコールがいい。「ここは大人の空間なのよ」って演出しているような。
そして、演奏はさすがにプロだと感じさせる内容だった。
キュートな身体そのものから出てくる澄みきった声もあれば、リズムに乗ったパンチ
力充分の声もある。それらを1曲の中で思う存分演出できるテクニックと歌心を見事
にマッチさせることの出来る素晴しいボーカルだ。

彼女は島根に住みついてもう7年にもなるそうだ。東京でプロ活動していたある年。
何かの原因で突然田舎に行きたい、自然の中で畑作業もしてみたいと松江から1時間
ほどにある掛合町に住みついたそうだ。もちろん楽曲の制作や、演奏活動もしながら
だ。1年ほどの生活で東京へ帰ろうという計画だったそうだが、いつのまにかドップ
リと田舎生活にはまり込み、しかも素敵な旦那とも出会い、女性としての幸福もゲッ
ト。今では快適な田舎生活を送りながら、音楽活動も精力的に行っている。

そんな彼女を支えるギターリスト足塚君の演奏が見事。バークリ-への留学経験もあ
る彼のギターは技術と知識に裏付けられた安定感、安心感ある演奏だ。さすがだ。

二人のデュオは今夜のメインディッシュだった。もちろん旨い酒がグイグイとはいる。

キャンドルではこれからもジャズライブを続けてくれるそうだ。嬉しいねえ。
山陰城下町の「松江的ジャズ」はこんな素敵なお店から広がっていってくれるといい
なあ。
スポンサーサイト
2012/03/21 (Wed) 06:23 |ライブ報告 |トラックバック(0) |コメント(0)

プロフィール


松江でジャズを楽しみませんか? 今年は、大田でも開催します。

松江では、9/17~10/14まで全10回、大田では、10/18~11/17まで全5回、各所で演奏します。

スケジュールは、こちらをクリック。

リンク

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。